広葉樹 V


** 樹木の大きい図と説明を見るには、図をクリックして下さい。**


とうだいぐさ科  Euphorbiaceae


 ゆずりは属



  ユズリハ Daphniphyllum macropodum 


ユズリハの説明へ

 Daphniphyllum は、daphne(月桂樹の古い名)+ phyllon(葉)の意。

 葉が月桂樹に似ているため


 macropodum;長い柄の、太い軸の




  ヒメユズリハ Daphniphyllum Teijsmanni 


ヒメユズリハの説明へ

      Teijsmanni;オランダの園芸家 J.E.タイスマンの 



 かんこのき属



カンコノキ Glochidion obovatum 


カンコノキの説明へ

        Glochidion は、先がかぎの手になった刺の意


        obovatum;倒卵形の



 あかめがしわ属



  アカメガシワ Mallotus japonicus


アカメガシワの説明へ

 Mallotus は、長軟毛のある( mallotos )の意。果実に腺毛を密生するため


 japonicus;日本の



 あぶらぎり属



  アブラギリ Aleurites cordata


        Aleurites は、小麦粉( aleuros )の意。全体に白粉をかぶったように見えるため

        cordata;心臓形の



しらき属



  ナンキンハゼ Sapium sebiferum


ナンキンハゼの説明へ

 Sapium は、ラテン古名で粘るの意。鳥もちを取ったためと言われている。


 sebiferum;脂肪のある




  シラキ Sapium japonica


        japonica;日本の


樹木目次へ


つげ科 Buxaceae


 つげ属



  ツゲ Buxus microphylla var. japonica


ツゲの説明へ

 Buxus は、箱(puxas)からきた名。この材で小箱などをつくるため


 microphylla;micro(小さい)+phyllus(葉)


japonica;日本の


樹木目次へ


うるし科 Anacardiaceae


 うるし属



  ヌルデ Rhus chinensis  


ヌルデの説明へ

 Rhus は、ギリシャの古名 rhous をラテン語化したもの

 chinensis;中国産の




  ハゼノキ Rhus succedanea 


succedanea;代用の、模倣の



  ヤマウルシ Rhus trichocarpa 


ヤマウルシの説明へ

 trichocarpa;tricho(糸状の)+ carpos (果実)。有毛果実の 




  ウルシ Rhus verniciflua


          verniciflua;ウルシ汁(ワニス)をもった


樹木目次へ


もちのき科 Aquifoliaceae


 もちのき属



  イヌツゲ Ilex crenata


イヌツゲの説明へ

 Ilex は、holly(セイヨウヒイラギ)、または holly oak(Quercus Ilex)の古代ラテン名


 crenata;円鋸歯状の




  アオハダ Ilex macropoda 


アオハダの説明へ

         macropoda;長柄の、太い軸の。podo 柄のあるの意の接頭語 




  タマミズキ Ilex micrococca


        micrococca;小さい果実の、 micro(小さい)+coccifer(乾果のある)



  ウメモドキ Ilex serrata 


         serrata;鋸歯のある 



  ソヨゴ Ilex pedunculosa 


ソヨゴの説明へ

         pedunculosa;花柄の、花柄のある 




  クロガネモチ Ilex rotunda 


クロガネモチの説明へ

  rotunda;円形の 


 cf.  rotund(英)丸い、  rotunda(英)rotonde(仏) 円形の建物 



  モチノキ Ilex integra 


モチノキの説明へ

 integra;全縁の、完全な




  タラヨウ Ilex latifolia 


タラヨウの説明へ

 latifolia;葉の広い、 lati (広いの意の接頭語)+folia (葉) 



  セイヨウヒイラギ Ilex aquifolium


        aquifolium;湾曲した葉の、aqui(曲がった)+folium(葉)


樹木目次へ


にしきぎ科 Celastraceae


にしきぎ属



  ニシキギ Euonymus alatus


ニシキギの説明へ

 Euonymus は、eu(良い)+ onoma(名)で、良い評判の意。ギリシャ神話の神の名ともなっている。


 alatus;翼のある。   alate(英)翼状の



  マサキ Euonymus japonicus 


マサキの説明へ

         japonicus;日本の 




  マユミ Euonymus Sieboldianus


マユミの説明へ

 Sieboldianus;日本植物研究者シーボルトの



  ヒロハツリバナ Euonymus macropterus 


ヒロハツリバナの説明へ

         macropterus;大きい翼の。ptero 翼 



  ツリバナ Euonymus oxyphyllus


ツリバナの説明へ

  oxyphyllus;鋭い形をした葉をもつ



  オオツリバナ Euonymus planipes 


オオツリバナの説明へ

         planipes;平らな孔のある。plan 平らな 


樹木目次へ


かえで科 Aceraceae


 かえで属



  チドリノキ Acer carpinifolium  


チドリノキの説明へ

 Acer は、カエデのラテン語名。裂けるとの意味があり、切れ込んだ葉の形による


 carpinifolium;しで属(Carpinus)のような葉の



  ハナノキ Acer pycnanthum


ハナノキの説明へ

  pycnanthum;pycn(密生する)+antho(花の)、密に花のある



  ヒトツバカエデ Acer distylum


ヒトツバカエデの説明へ

 distylum;二花柱の


 マルバカエデとも言う




  カラコギカエデ Acer aidzuense


カラコギカエデの説明へ

 aidzuense;会津産の    




  ウリカエデ Acer crataegifolium


ウリカエデの説明へ

 crataegifolium;サンザシ属(Crataegus)に似た葉の




  ウリハダカエデ Acer rufinerve


ウリハダカエデの説明へ

 rufinerve;赤褐色の脈をもった




  イタヤカエデ Acer Mono


Mono; 一つの 



  アカイタヤ Acer Mono var. Mayrii


アカイタヤの説明へ

   Mayrii;ドイツの樹木学者マイルの


   ベニイタヤ とも言う。



  クロビイタヤ Acer Miyabei


クロビイタヤの説明へ

 Miyabei;北海道植物研究者 宮部金吾博士の




  カジカエデ Acer diabolicum 


カジカエデの説明へ

 diabolicum;鬼の、大きくて荒々しい 


 オニモミジ とも言う 




  コハウチワカエデ Acer Sieboldianum


コハウチワカエデの説明へ

      Sieboldianum;シーボルトの


      イタヤメイゲツ とも呼ばれる。




  ハウチワカエデ Acer japonicum


ハウチワカエデの説明へ

 japonicum;日本の



  オオイタヤメイゲツ Acer Shirasawanum


オオイタヤメイゲツの説明へ

Shirasawanum;樹木学者白沢保美の



  イロハモミジ Acer palmatum


イロハモミジの説明へ

 palmatum;掌状の、手のひら状の



  オオモミジ Acer palmatum subsp. amoenum


オオモミジの説明へ

amoenum;愛すべき、人に好かれる 


amour(仏)  amore(伊) 愛、愛情 




  ヒナウチワカエデ Acer tenuifolium


ヒナウチワカエデの説明へ

 tenuifolium;うすい葉の、繊細な葉の




  オガラバナ Acer caudatum subsp. ukurunduensis


オガラバナの説明へ

  caudatum;尾のある、尾状の


  ukurunduensis;シベリア ウクランド産の



  テツカエデ Acer nipponicum 


テツカエデの説明へ

 nipponicum;日本本州の 



  アサノハカエデ Acer argutam


アサノハカエデの説明へ

 argutum;鋭い歯の、尖った




  ミネカエデ Acer Tschonoskii


ミネカエデの説明へ

 Tschonoskii;マキシモヴィチのために植物を集めた須川長之助の



  コミネカエデ Acer micranthum


コミネカエデの説明へ

 micranthum;小さい花の、  micr は、小さいの意の接頭語



  メグスリノキ Acer nikoense


メグスリノキの説明へ

 nikoense;日光産の



  ミツデカエデ Acer cissifolium


ミツデカエデの説明へ

 cissifolium;やぶがらし属(Cissus)のような葉の


樹木目次へ


とちのき科 Hippocastanacae


 とちのき属



  トチノキ Aesculus turbinata


トチノキの説明へ

 Aesculus は、aescare(食べる)に由来。果実が食用や飼料になるため


 turbinata;倒円錐形の、西洋ごま形の


樹木目次へ


あわぶき科 Sabiaceae


 あわぶき属



  アワブキ Meliosma myriantha


アワブキの説明へ

 Meliosma は、meli(蜜)+osme(におい)、ハチミツの香りの意  


 myriantha;多数花の、  antho 花の




  ヤマビワ Meliosma rigida


ヤマビワの説明へ

rigida;曲がらない、硬直した




  ミヤマハハソ Meliosma tenuis


ミヤマハハソの説明へ

 tenuis;細い、薄い、肉のない


樹木目次へ


くろうめもどき科 Rhamnaceae


 なつめ属



  ナツメ Zizyphus Jujuba var. inermis 


         Zizyphus は、アラビアの植物名 zizonf から、ギリシャ名は、 zizyphon

         Jujuba;アラビア名


         inermis;刺針のない、武装のない



 くまやなぎ属



  クマヤナギ Berchemia racemosa


         Berchemia は、オランダの植物学者 B.Berchemの名に因んだものと思われる。

         racemosa; 総状花序をつけた



 ねこのちち属



  ネコノチチ Rhamnella franguloides


ネコノチチの説明へ

         Rhamnella は、ギリシャ古名 Rhamnusの縮小形。

         franguloides;イソノキ(Frangula)に似た



 くろうめもどき属



  クロウメモドキ Rhamnus japonica var. decipiens


       Rhamnus は、ギリシャ古名で、とげのある低木のこと。ram(ケルト語)は、灌木

        japonica;日本の


        decipiens;虚偽の、欺瞞の



  イソノキ Rhamnus crenata


        crenata;円い鋸歯をもつ



 けんぽなし属



  ケンポナシ Hovenia dulcis 


ケンポナシの説明へ

 Hovenia は、オランダの宣教師 D.v.d.Hoven に因む


 dulcis;甘い、甘みのある


 参考   dulcin(英)甘味料ズルチン  dulce(西)甘い・菓子  dulcifier(仏)酸味を和らげる



樹木目次へ


ぶどう科 Vitaceae 


 ぶどう属



  ヤマブドウ Vitis Coignetiae   


         Vitis は、vita(生命)からか


         Coignetiae;コアネを記念した名



  サンカクヅル Vitis flexuosa


  flexuosa;波状の、ジグザグの  cf. flex(英)曲がる



  ブドウ Vitis vinifera


        vinifera;ブドウ酒を生ずる



 のぶどう属



  ノブドウ Ampelopsis brevipedunculata var. heterophylla


ノブドウの説明へ

      Ampelopsis は、ampelos(ブドウ)+ opsis(外観)、ブドウに似た


      brevipedunculata;短い花柄のある、


   cf. breviは、短いの意の接頭語 、pendunculatusは、花柄のあるの意

         heterophylla;異葉性の、hetero(異なった)+phylla(葉)




 つた属



  ツタ Parthenocissus tricuspidata


         Parthenocissus は、parthenos(処女)+cissos(ツタ)。

       Virgina creeper(英)、vigne-vierge(仏)に基づく。


         tricuspidata;三凸頭の、三尖頭状の。

      tri は、三つ、cuspidatus は、急に尖ったの意。


樹木目次へ


しなのき科 Tiliaceae


 しなのき属



  シナノキ Tilia japonica


シナノキの説明へ

 Tilia は、ptilon(翼)からきたラテン古名。翼状の包葉が花梗に癒着しているため


 japonica;日本の



  ボダイジュ Tilia Miqueliana


         Miqueliana;日本植物を研究したオランダの分類学者 ミケルの



  オオバボダイジュ Tilia Maximowicziana


オオバボダイジュの説明へ

         Maximowicziana;東亜の植物を研究したロシアの分類学者 マキシモヴィチの




 参考 インドボダイジュ Ficus religiosa (くわ科いちじく属)


      religiosa;宗教的な、尊厳な  


樹木目次へ


あおい科 Malvaceae


 ふよう属



  ムクゲ Hibiscus syriacus 


         Hibiscus は、ぜにあおい属の大きな植物につけられた古代ギリシャ名


         syriacus;シリア(小アジア)の



  フヨウ Hibiscus mutabilis


        mutabilis;変化しやすい、色々と変わる


        cf.  mutatus 変化する、変色した


  ハマボウ Hibiscus Hamabo


ハマボウの説明へ

    Hamabo;日本名ハマボウより



樹木目次へ


またたび科 Actinidiaceae


 さるなし属



  サルナシ Actinidia arguta


        Actinidia は、aktis(放射線)にもとづく語。柱頭が放射状にならぶところから


arguta;鋭鋸歯の、尖った


シラクチツル とも言う



  マタタビ Actinidia polygama


        polygama;雑居性花の(完全花と単性花を生じる) polyは、多くの意の接頭語


樹木目次へ


つばき科 Theaceae


 つばき属



  チャノキ Camellia sinensis


        Camellia は、17世紀のチェコスロバキアの宣教師 G.J.Kamell に因む。


  sinensis;支那産の



  ツバキ Camellia japonica


ツバキの説明へ

 japonica;日本の



  ユキツバキ Camellia japonica subsp. rusticana


        japonica;日本の

        rusticana;野に生ずる、農夫の



  サザンカ Camellia Sasanqua


         Sasanqua;サザンカ(日本名)



 なつつばき属



  ナツツバキ Stewartia pseudo-camellia


ナツツバキの説明へ

Stewartia は、英国の Johon Stewart(1713-1792)候に因む


pseudo-camellia ;ツバキに似た、偽のツバキの。pseudo は、偽のの 意の接頭語



  ヒメシャラ Stewartia monadelpha


ヒメシャラの説明へ

monadelpha;単体雄ずいの、 mon、mono は、一つ の意。



 もっこく属



  モッコク Ternstroemia japonica 


モッコクの説明へ

Ternstroemia は、スエーデンの自然科学者 C.Ternstroem に因む。


japonica ;日本の



 さかき属



  サカキ Cleyera japonica


サカキの説明へ

Cleyera は、17世紀のアジアの薬草の研究家でもあったオランダの船医 A.Cleyer に因む。


japonica;日本の



 ひさかき属



  ヒサカキ Eurya japonica 


ヒサカキの説明へ

Eurya は、eurys(広い、大きい)から。

japonica ;日本の



  ハマヒサカキ Eurya emarginata


        emarginata;先端に浅い割れ目のある


樹木目次へ


いいぎり科 Flacourtiaceae


 いいぎり属



  イイギリ Idesia polycarpa


イイギリの説明へ

Idesia は、オランダの植物採集家 E.Y.Ides に因む。


polycarpa;果実の多い、数回結実する。 poly(多い)+carpos(果実)


 

樹木目次へ


きぶし科 Stachyuraceae


 きぶし属



  キブシ Stachyurus praecox


キブシの説明へ

 Stachyurus は、stachyus(穂)+ oura(尾)。尾状に下がる花穂に着いた名


 praecox ;早期の、早熟の、早咲きの



 

樹木目次へ


じんちょうげ科 Thymelaeaceae


 じんちょうげ属



  ジンチョウゲ Daphne odora


        Daphne は、ギリシャ神話の女神ダフネ。


        odora ;芳香のある、香りの良い


    cf. odor(英)、odeur(仏)、odore(伊)香り、におい、香水



 がんぴ属



  ガンピ Diplomorpha sikokiana


        Diplomorpha は、diplo(二重の)+ morphos(形 )。


sikokiana;四国産の



 みつまた属



  ミツマタ Edgeworthia papyrifera


ミツマタの説明へ

      Edgeworthia は、英国の植物学者 M.P.Edgeworth 夫妻に因む


    papyrifera;紙を持った


       cf. papyrus(英、仏) パピルス、紙、写本


          paper(英)、papier(仏)、papel(西) 紙



樹木目次へ


ぐみ科 Elaeagnaceae


 ぐみ属 



  アキグミ Elaeagnus umbellata


アキグミの説明へ

Elaeagnus は、elaia(オリーブ)+agnos(セイヨウニンジンボク)。オリーブに似た果実とニンジンボクに似た白っぽい葉を持つため


umbellata;散形花序の




  アリマグミ Elaeagnus Murakamiana


アリマグミの説明へ

         Murakamiana;村上の



  ナツグミ Elaeagnus multiflora


ナツグミの説明へ

multiflora ;多花の、multi(多い)+flora(花)




  マメグミ Elaeagnus montana


マメグミの説明へ

montana ;山の、山地性の


 

樹木目次へ


みそはぎ科 Lythraceae


 さるすべり属



  サルスベリ Lagerstroemia indica


サルスベリの説明へ

    Lagerstroemia は、スエーデン人のリンネの友人 M.Lagerstroem に因む。


    indica;インドの



 

樹木目次へ


ざくろ科 Punicaceae


 ざくろ属



  ザクロ Punica Granatum


        Punica は、punicus(カルタゴ)の意。カルタゴ原産と思われていたからか。


        Granatum;粒状の、種子の多い


樹木目次へ


うこぎ科 Araliaceae


 たらのき属



  タラノキ Aralia elata


        Aralia は、仏領カナダでの土名 aralie から。


        elata;背の高い



 きづた属



  キヅタ Hedera rhombea


        Hedera は、欧州キヅタの古代ラテン名


        rhombea;菱形の



 かくれみの属 



  カクレミノ Dendropanax trifidus


カクレミノの説明へ

Dendropanax は、dendron(樹木)+ Panax(おたねにんじん属の属名、万能薬の意)、オタネニンジンに似ている樹木

trifidus;三中裂の   cf.  tri は、3つの意



 うこぎ属



  コシアブラ Acanthopanax sciadophylloides


コシアブラの説明へ

  Acanthopanax は、akantha(刺)+ Panax(オタネニンジン属)、Panax属に似て刺があるため。


sciadophylloides;傘形に葉をつけた種のような



  ウコギ Acanthopanax Sieboldianus


Sieboldianus;シーボルトの



  エゾウコギ Acanthopanax senticosus


senticosus;刺の密生した



  オニウコギ Acanthopanax divaricatus


オニウコギの説明へ

         divaricatus;広く分岐した




 たかのつめ属 



  タカノツメ Evodiopanax innovans


タカノツメの説明へ

       Evodiopanax は、Evodia(ごしゅゆ属の属名、eu+odia 良い香りの意)+ Panax(おたねにんじん属の属名、万能薬の意)。

      葉が、ごしゅゆ属に似たオタネニンジンという意味

       innovans;新枝をもつ、発芽する



 はりぎり属



  ハリギリ Kalopanax septemlobus


ハリギリの説明へ

  Kalopanax は、kalos(美しい)+ Panax(オタネニンジン属)、葉の切れ込みが端正なPanax属の意。


septemlobus;七つに浅く裂けた、 sept は、七つの意

 センノキとも言う



樹木目次へ


みずき科 Cornaceae


 あおき属 



  アオキ Aucuba japonica


アオキの説明へ

        Aucuba は、日本の方言 アオキバ から


japonica;日本の




 はないかだ属



  ハナイカダ Helwingia japonica


ハナイカダの説明へ

Helwingia は、ドイツの牧師 G.A.Helwingに因んだ名


japonica;日本の




 みずき属



  ミズキ Cornus controversa


ミズキの説明へ

Cornus は、cornu(角)に由来する。材質が堅いため


controversa ;疑わしい

cf. controversial(英)、controversable(仏)議論の余地のある、疑わしい
controvercy (英)、controverse (仏)論争、論議



  クマノミズキ Cornus macrophylla


クマノミズキの説明へ

macrophylla;大きい葉の、macro(大きい)+ phylla(葉)




  サンシュユ Cornus officinalis 


officinalis;薬用の、薬効のある


参考 officinal(英、仏)薬用の、薬局方による


ハルコガネバナともよばれる。



  ヤマボウシ Cornus Kousa


ヤマボウシの説明へ

 Kousa;クサ(箱根での方言)



  アメリカヤマボウシ Cornus florida


florida;花で一杯の、 花満開の


一般には、ハナミズキとよばれている。

樹木目次へ


りょうぶ科 Clethraceae


 りょうぶ属



  リョウブ Clethra barbinervis


リョウブの説明へ

  Clethra は、ハンノキの古代ギリシャ名が、葉が似ているために転用されたもの

  barbinervis;脈にひげのある


 

樹木目次へ


      広葉樹V 終わり



1 針葉樹へ 


2 広葉樹Tへ


3 広葉樹Uへ


4 広葉樹Wへ


5 樹木目次へ


6 和名検索へ


7 学名検索へ


8 樹木ホームページリンクへ