サワラ

Chamaecyparis pisifera


常緑大高木。樹皮は、褐色。

葉は、鱗片状で十字対生。葉先は、尖る。下面に白色の気孔群があり、X字形となる。

木曽、秩父の渓流沿いに多い。

  材は、優良で建築材、家具材として利用。

分布 本州(岩手以南)、四国、九州(長崎まで)。


針葉樹へ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ