サワフタギ

Symplocos chinensis var.leucocarpa


落葉低木。樹皮は、暗い灰褐色で縦裂する。

葉は、互生、だ円形で急な短鋭尖頭。上面に光沢はなく、まばらな粗毛がある。

5〜6月、白い花を密生する。10月に核果が藍色に熟する。 温帯から暖帯に分布し、川沿いや湿地を好む。

材は、道具の柄、印判などに利用される。庭木としても植えられる。

分布 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、満州、中国、ヒマラヤ、フィリピン。


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ