サラサドウダン

Enkianthus campanulatus


落葉低木。樹皮は、帯灰色で平滑。

葉は、互生、細鋸歯があり、秋の紅葉は美しい。

6〜7月に、鐘形の花を咲かす。 亜高山帯下部から温帯山地に分布し、尾根筋に多い。

材は、床柱に使われる。庭園樹、盆栽にされる。

分布 北海道(渡島)、本州(近畿以東)。


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ