サンゴジュ

Viburnum Awabuki


常緑小高木。樹皮は、黒褐色で平滑。

葉は、十字対生、葉質は厚く、光沢がある。

実は、8月以降、紅色から黒紫色に熟す。 日本では暖帯に普通に植えられるため、分布ははっきりしない。

材は、ろくろ細工、器具などに使われる。庭園樹、防火樹として植えられる。

分布 本州(関東以西)、四国、九州、朝鮮、中国、熱帯アジア。



広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ