リョウブ

Clethra barbinervis


落葉小高木。樹皮は、赤〜灰褐色のまだらで平滑。

葉は、互生し、枝の上部に群生する。草質で鋭鋸歯がある。

葉の上面は、緑色、下面は、淡緑色。

葉柄は、扁平で溝状となる。

6〜7月、新枝に多数の白花を咲かす。

温帯から暖帯に分布し、尾根などを好む。

材は、床柱、くり物、器具などに使う。若葉は、食用。

分布 北海道、本州、四国、九州、朝鮮



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ