レンゲツツジ

Rhododendron japonicum


落葉低木。樹皮は、灰褐色でほぼ平滑。

葉は、互生し、草状洋紙質、倒皮針形で鈍頭、ほぼ全縁で剛縁毛がある。

葉の上面は、鮮緑色で剛毛を疎生する。下面は、淡緑色。

5〜6月、朱橙色の花を開く。

温帯に分布し、向陽の高原などに多い。

花は、有毒で蛆殺しに使われる。

分布 北海道(西南部)、本州、四国、九州



広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ