オオバアサガラ

Pterostyrax hispidus


落葉高木。樹皮は、淡褐色でコルク層が発達し、網状に割れる。

葉は、互生し、倒卵状長だ円形で急鋭頭となる。

低平な細鋸歯がある。葉の下面は、星状毛を有し灰白色。

6〜7月、前年枝に側生した短枝に白花を着ける。

温帯山地に分布し、渓流沿いの陽地に群生する。

材は、マッチ、箸などに使われる。庭木としても良い。

分布 本州(宮城以南)、四国、九州、中国



広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ