オニウコギ

Acanthopanax divaricatus


落葉低木。幹は、群生し、枝には幅広い刺がある。

葉は、互生し、掌状複葉で小葉は5個、倒卵状長楕円形、鋭頭、単鋸歯または重鋸歯、葉質はやや厚く、 上面に細毛、下面には、淡褐色の縮毛がある。

葉柄は、3−9cmと長い。

7−8月密生した3−10数個の花を咲かす。

石果は、9−10月に黒熟する。

温帯から暖帯の水湿に恵まれた陽地に生ずる。

茎、果実を煎じて薬用にする。

分布 北海道、本州、四国、九州



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ