オニヒョウタンボク

Lonicera Vidalii


落葉低木。樹皮は、灰色。

葉は、十字対生、だ円形で急鋭頭、基部は円形、全縁に縁毛がある。

5月、2個の白い花を開く。7月に液果が紅熟する。 温帯山地に稀に分布。

庭木として植えられる。果実は、有毒。

分布 本州(新潟、長野、中国地方)、朝鮮南部。


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ