オオバスノキ

Vaccinium Smallii


落葉低木。枝が多数出る。

葉は、互生、楕円形または卵形、細鋸歯がある。葉柄は短い。

花冠は、鐘形、4−5月、帯紅白色の緑白色の花が1−3個下向きに咲く。

果実は、球形で先は窪まず、黒熟する。

分布 千島、樺太、北海道、本州北中部


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ