オオバボダイジュ

Tilia Maximowicziana


落葉高木。樹皮は、厚く、灰色で若木は、平滑、老木は浅く縦裂する。

葉は、互生、2列生。左右不斉の円心形。葉脈は、掌状に5主脈があり、中央主脈はさらに5−6対の側脈を出す。 葉上面は、深緑色、褐色の星状毛を疎生、下面は淡緑灰色で褐色星状毛を密生する。

葉柄は、淡褐色毛を密生する。

6−7月に、集散花序を腋生垂下する。

果実は、10月に熟す。

暖帯に自生し、谷沿いの肥沃地に主に生ずる。中部日本では裏日本に片寄る。

材は、建築、合板などに使われる。

分布 北海道、本州北中部。



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ