ネズミモチ

Ligustrum japonicum


常緑小高木。樹皮は、淡い褐灰色で平滑、横長の皮目がある。

葉は、対生し、卵形、鋭頭、基部は鋭形、全縁、革質、無毛。 上面は暗緑色で光沢がある。下面は、黄緑色。

6月、新枝に円錐花序を頂生する。

果実は、11月ころ紫黒色に熟す。

暖帯から亜熱帯に分布し、適潤の常緑林に多く、沿海地に普通に見られる。

材は、道具の柄、杖、楊子とする。

分布 本州(房総以西)、四国、九州、琉球、朝鮮



広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ