ネコノチチ

Rhamnella franguloides


落葉小高木。樹皮は、帯褐灰黒色でやや平滑、縦に波状縞がある。

葉は、倒卵状長楕円形、尾状鋭尖頭をなし、基部は円形、細鋸歯がある。

葉の上面は、緑色で無毛、やや光沢があり、下面は、淡い緑色で、無毛か主脈上に短毛を疎生する。

5−6月、黄緑色の両性花を数個腋生する。

石果は、9−10月に黄色から紅色になり、紫黒色に熟す。

暖帯の適潤な山腹や山麗に分布する。

材は、床柱、器具材に使われる。庭木としても植えられる。

分布 本州(神奈川と近畿以西)、四国、九州、朝鮮南部、中国


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ