ニワトコ

Sambucus Sieboldiana


落葉低木で、枝にコルク質が発達する。

葉は、対生し、奇数羽状複葉。細鋭鋸歯縁をもち、葉の下面は、淡緑色。

4、5月に、新枝に多数の小白花を着ける。

温帯から暖帯の適潤地に普通に生じる。

庭木として植えられ、枝や花は、薬用にされる。

枝の髄を実験の切片製作に用いる。

分布 本州、四国、九州、朝鮮、中国。


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ