ネコシデ、ウラジロカンバ

Betula corylifolia


落葉中高木。樹皮は、灰白色で平滑だが、横に剥げる。

葉は、互生し、卵状長楕円形、葉先は鋭頭、基部は、浅心形、大きい単鋸歯がある。 葉の上面は深緑色、下面は灰白色。

5月に新葉とともに開花する。

果実は、10月に熟す。

亜高山帯の針葉樹林に生ずる。

樹皮や枝に、サロメチール臭がある。

材は、堅く薪炭材に、樹皮は、かがり火、屋根葺きに使用される。

分布 本州(秋田から奈良まで)。



広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ