ナツツバキ

Stewartia pseudo-camellia


落葉中高木。樹皮が黒赤褐色でリョウブに似ている。

葉は、互生。葉柄は円く、溝がある。葉脈は上面で凹む。

6〜7月、白色の大形花を葉の腋につける。

温帯の山腹から尾根に多い。シャラノキとも呼ばれる。

材は、堅く、床柱、器具、彫刻、薪炭などに利用。

分布 本州、四国、九州


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ