ナツグミ

Elaeagnus multiflora


落葉小高木。樹皮は、黒褐色。

葉は、互生し、全縁で、上面は、緑色、下面は銀白色。

温帯下部から暖帯に分布する。

材は、道具の柄などに使われる。果実は食用となる。庭園樹として植えられる。

分布 北海道、本州、四国、九州。


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ