ミヤマザクラ

Prunus Maximowiczii


落葉中高木。樹皮は、紫褐色で平滑、光沢がある。老樹は、灰黒色で粗くなる。

葉は、互生し、倒卵状楕円形、鋭尖頭、基部は広い楔形、欠刻状の重細鋸歯がある。

葉の上面は、暗緑色、下面は、淡色で、両面とも脈上にに軟毛が多い。

5−6月、開葉後、開花する。

石果は、7−8月に紅色から紫黒色に熟す。

温帯から亜高山下部の山腹の肥沃地に生ずる。

材は、家具、器具、彫刻、運動器具に使われる。樹皮は染料になる。

分布 北海道、本州、四国、九州、韓国、満州、樺太



広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ