ミヤマウグイスカグラ

Lonicera gracilipes var. glandulosa


落葉低木。樹皮は、暗灰色で縦に裂けて剥げ落ちる。

葉は、対生、倒卵形から楕円形、急鋭頭、基部は円形または広楔形、 全縁で縁毛がある。

4〜5月、新枝の下部葉腋に細い総花柄を出し、下向きに1,2花を着ける。

液果は、6,7月に赤熟し、楕円形、食べられる。

温帯から暖帯上部の山地、丘陵に分布する。

分布 本州、四国、九州(北部)


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ