ミヤマハンノキ

Alnus Maximowiczii


落葉低木。樹皮は、暗い灰色で粗い。

葉は、卵状円形で細重鋸歯がある。葉の上面は農緑色で光沢があり、下面は淡い黄緑色。

葉脈は、羽状で、側脈は、鋸歯に達する。

高山から亜高山帯に分布。

材は、薪などに使われるのみ。

分布 北海道、本州中部以北、千島、樺太、カムチャッカ



広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ