ミヤマハハソ

Meliosma tenuis


落葉低木。樹皮は、紫褐色で平滑。

葉は、互生し、膜質、倒卵状長だ円形で尾状の鋭尖頭をもつ。波状の疎な鋸歯がある。

葉の下面には、葉脈が凸出する。葉柄は、長さ1cm程度。

5〜7月、淡い黄緑の花を多数咲かす。

暖帯から温帯の山地の適潤地に生える。

籠などを作る。

分布 本州、四国、九州



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ