ムクノキ

Aphananthe aspera


落葉大高木。樹皮は、灰褐色でほぼ平滑。

葉は、互生し、鋭い鋸歯がある。葉の両面には、短剛毛があり、ざらつく。

果は、10月に熟して紫黒色となり、食べられる。

暖帯の向陽適潤地に生じ、沿海地には多い。

材は、天秤棒、器具、建築などに使われる。また、葉は研磨用とする。

分布 本州(関東以西)、四国、九州、琉球、台湾、中国、インドシナ。



広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ