マメザクラ

Prunus incisa


落葉小高木。樹皮は、暗灰色、老樹では粗く縦裂する。

葉は、互生し、倒卵形、鋭尖頭、基部は円形から楔形、欠刻状の重鋸歯がある。

葉の上面に斜上毛を散生、下面は淡白。

葉柄は、長さ1cm程度で軟毛が多く、葉身の基部左右に1対の密腺がある。

4ー6月、葉に先立って開花する。

石果は、6−7月に黒色に熟す。

温帯山地に分布し、富士火山帯に見られる。

鑑賞用として植えられ、盆栽として喜ばれる。

分布 本州中部



広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ