ミツデカエデ

Acer cissifolium


落葉中高木。樹皮は、帯黄灰色で粗い。

葉は、対生し、3出複葉。小葉は、草質で粗い鋭鋸歯を有す。

葉の下面は、淡い緑色で葉脈が突出する。

葉柄は、細長く基部は、膨れて冬芽を包む。

5〜6月、前年の枝に多数の花を咲かす。

温帯山地の水分に恵まれた場所に分布する。

材は、器具、薪炭などに利用する。

分布 北海道、本州、四国、九州



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ