メグスリノキ

Acer nikoense


落葉大高木。樹皮は、灰褐色で平滑。

葉は、3出複葉、葉柄は、円く、軟毛を密生する。

温帯山地の特産。水分潤沢な肥沃地を好む。

材は、建築、器具、薪炭に利用。樹皮を煎じて目薬、健康茶とする。

分布 本州(宮城、山形以南)、四国、九州


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ