マメグミ

Elaeagnus montana


落葉小高木。枝に暗褐色の星状鱗を密生する。

葉は、互生し、洋紙質。ほぼ全縁、波状の凸凹がある。

葉の下面は、銀白色の星状鱗が密生する。

葉柄は、5〜10mmで、暗赤褐色の星状鱗を密生する。

6〜7月、新枝の葉腋に1〜3個の花を咲かし、8〜9月頃、果実が紅熟する。

温帯山地に分布する。

材は、杖、印材、櫛などとする。

分布 本州(関東以西)、四国、九州



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ