クロミノウグイスカグラ

Lonicera caerulea var. emphyllocalyxs


直立性小低木。

葉は、対生、楕円形ないし倒卵形、鈍頭、全縁。

6〜7月、葉腋に2個づつ黄白色の花を咲かす。

実は、黒く熟し、北海道ではハスカップと呼ばれ食される。

分布 北海道、本州北中部の山地、千島、朝鮮。


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ