クヌギ

Quercus acutissima


落葉中高木。樹皮は、灰褐色で深く縦裂する。

葉は互生。披針形で葉柄がある。

暖帯に広く分布するが、薪炭林として古くから里山に植えられてきた。

材は、薪炭用で池田炭、佐倉炭が有名。

分布 本州、四国、九州、台湾、朝鮮、中国、ヒマラヤ


広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ