クロビイタヤ

Acer Miyabei


落葉大高木。樹皮は、帯黒灰色で不規則に縦裂して剥げる。

葉は、十字対生、掌状5中裂。上面は、濃緑色で、軟細毛があり、下面は淡い緑色で厚く軟細毛を生じる。

葉柄は、長く、上面に溝がある。

5−6月、新葉とともに開花し、雄花と両性花が別の散房花序をなす。

翼果は、10月に褐色に熟し、翼は水平に開出する。

温帯地方の平坦な湿地帯に隔離分布する。

材は、硬く強靱で、建築、家具、器具に使用される。

分布 北海道、東北地方、本州中部


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ