コメツガ

Tsuga diversifolia 


常緑大高木。樹皮は、灰褐色で亀甲状に浅く裂ける。

葉は密に互生し、下面に2条の白色気孔線がある。

1年生枝には、淡褐色の細かい毛がある。

本州中部の亜高山帯の代表樹種。

材は、建築、土木、パルプに使われる。

分布  本州、四国、九州。



針葉樹へ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ