コクサギ

Orixa japonica


落葉低木。樹皮は、暗い灰色で大きい皮目を散生する。

葉は、互生し、倒卵形でほぼ全縁。

葉の上面は、深い緑色で光沢があり、下面は、淡い緑色。全面に油点があり、切ると臭気がある。

4〜5月、前年の枝に黄緑色の花を咲かす。

温帯から暖帯に分布し、谷間の陰湿地を好む。

葉を肥料とし、葉の煎汁は、蛆殺しに使う。材は、小細工に用いる。

分布 本州、四国、九州、朝鮮南部、中国



広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ