クマノミズキ

Cornus macrophylla


落葉中高木。樹皮は、暗緑灰色でやや平滑。

葉は、十字対生。側脈は、先で湾曲し、葉縁に沿う。 葉上面は、深緑色、下面は帯粉白緑色で褐色毛を密生する。

葉柄は、ほぼ無毛となるが、上面の溝中には、褐色毛が密生する。基部は、太くなる。

6−7月に、集散花序を小枝に頂生する。

果実は石果様で球形、10−11月頃に黒く熟す。

温帯下部から暖帯に広く分布し、水分に恵まれた陽地を好み、群生しない。

材は、薪炭材に使われる。

分布 本州、四国、九州、朝鮮、台湾、中国、ヒマラヤ。


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ