キハギ

Lespedeza Buergeri


落葉低木。樹皮は、灰褐色で、浅く縦裂する。

葉は、互生し、3出複葉。小葉は、だ円形で全縁。

7〜9月に、紫斑のある乳白色の花を咲かす。

温帯から暖帯の低山の乾燥した尾根などに分布する。

分布 本州(表日本)、四国、九州


広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ