キハダ

Phellodendron amurense 


落葉高木。樹皮は、厚いコルク層からなり、内皮は、鮮黄色。

葉は、奇数羽状複葉、十字対生。

温帯山地の水湿に恵まれた場所に生ずる。

材は、器具材、家具材、建築材など。樹皮は、健胃剤、黄色染料に使う。

分布 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、満州、樺太、南千島、中国。


広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ