コバノガマズミ

Viburnum erosum


落葉低木。樹皮は、黒褐色、枝は灰紫色、または淡灰褐色。

葉は、対生し、倒卵状長楕円形、短鋭尖頭、基部は、円形、時に心形、 鋭歯牙縁、両面に星状毛が多い。

葉柄は短く、長さ2−6mm。

4〜5月、有柄の散房花序を頂生する。

石果は、秋に赤熟す。

温帯下部から暖帯の向陽の丘陵地に普通に見られる。

分布 本州(福島以南)、四国、九州、朝鮮


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ