カラマツ

Larix leptolepis


落葉性の高木。樹皮は、褐色で鱗片になって剥げる。

葉は、扁平な針状で、春の新緑や秋の黄葉が美しい。

温帯上部から亜高山帯に見られる陽性の樹種で、 北海道などの主要な造林樹種となっている。

 材は、湿気に強く、建築材、土木用材として利用される。

分布 本州中部。



針葉樹へ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ