カジノキ

Broussonetia papyrifera


落葉高木。樹皮は、灰褐色で浅く縦裂する。

葉は、互生するが、時に十字対生状、葉質は、やや厚く卵形、短鋭尖頭をなす。

低平な歯牙状鋸歯があり、上面は緑色で、粗渋、下面は、淡緑色で軟毛を密生する。

葉柄は、長さ2−10cm、軟毛を密生し、上面に溝がある。

5−6月、新枝の葉腋に花穂をなして開花する。雌雄異株。

石果は、紅熟する。

暖帯から亜熱帯に分布する陽樹で、適潤な向陽地を好んで生じる。

樹皮は、和紙の原料とする。材は箱材に使われる。街路樹、庭木に植えられる。

分布 本州、四国、九州、琉球、台湾、中国


広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ