イロハモミジ

Acer palmatum subsp. palmatum


落葉大高木。

葉は、十字対生し、掌状に5〜7裂し細鋸歯がある。

温帯中部から暖帯に分布し、沢沿いを好む。

秋の紅葉を代表するもみじで、庭木としても植えられ、園芸品種が多い。

材は、家具、寄せ木細工、彫刻に利用。

分布 北海道、本州、四国、九州


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ