イヌシデ

Carpinus Tschonoskii 


落葉高木。樹皮は、灰褐色でほぼ平滑。

葉は、互生。鋭頭で側脈は、10〜15対、まっすぐ葉縁の鋸歯に達する。

温帯南部から暖帯に分布し、人里付近にも多い。

材は、床柱、紡績木管、薪炭、椎茸ほだ木に利用される。

分布 本州、四国、九州、朝鮮、中国。


広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ