Podocarpus macrophyllus


イヌマキ イヌマキ雄花 イヌマキ果枝

常緑高木。樹皮は、浅く縦裂し、剥離する。

葉は、互生し、革質、線状皮針形。葉の上面は、農緑色、下面は、黄緑色。

潮風に強く、海岸地帯に多い。生け垣や庭園樹として植えられる。

材は、建築材、器具材、桶類などに使われる。果実は、食べられる。

分布 本州(関東以西)、四国、九州、琉球、台湾。



針葉樹へ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ