イヌエンジュ

Maackia amurensis


落葉中高木。樹皮は、暗灰色で臭気がある。

葉は、互生、奇数羽状複葉。

7、8月、多数の白花を着ける。

温帯から暖帯上部の湿潤な肥沃地に生じる。

材は、床柱、家具材、道具の柄。

分布 千島、北海道、本州、四国、九州、朝鮮。


広葉樹Uへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ