イヌブナ

Fagus japonica


落葉大高木。樹皮は、暗灰色でいぼ状の皮目が著しい。

葉は、互生し、葉の下面、とくに脈上に白色の長絹毛を残存する。

4〜5月、新葉とともに開花し、雌雄同株。

温帯の谷側に多いが、北方の日本海側にはほとんど見られない。また、ブナより低地に生える。

材は、器具、家具、枕木、パルプなどとして使われ、炭材にもされる。

分布 本州、四国、九州



広葉樹Tへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ