イチョウ

Ginkgo biloba


落葉性の高木。雌雄異株。

葉は、互生で秋に黄色となる。

花は、春に新葉と同時に咲く。種子は、食べられる。

近年、葉が薬用として利用されている。

樹は、街路樹、庭園樹などに植えられる。

分布 日本、中国に植栽。自生地は、不明。


針葉樹へ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ