イボタノキ

Ligustrum obtusifolium


落葉低木で、枝分かれが多い。

葉は、対生し、鈍頭、全縁。葉の上面は、光沢の乏しい緑色、下面は、淡緑色。

5、6月に、若枝に小白花を密に着ける。

温帯から暖帯に普通に生じる。

生け垣として植えられる。

材は、印材、杖など。枝に着くイボタロウは、薬用。

分布 北海道、本州、四国、九州。


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ