ヒロハツリバナ

Euonymus macropterus


落葉小高木。樹皮は、暗灰色で平滑。

葉は、十字対生、倒卵形、葉先は、急鋭頭、基部は、広い楔形。細い鋸歯があり、その先は内曲する。

6−7月、柄の長い淡い緑色の花を咲かす。

さく果は、9−10月に紅紫色に熟し、三角形の著しい4翼がある。

温帯上部から亜高山帯に分布する。

材は、黄白色で硬く、印材、寄木細工、小細工に使用される。

分布 北海道、本州、四国、九州、樺太、朝鮮、満州


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ