ヒメユズリハ

Daphniphyllum macropodum


常緑高木。樹皮は、黄褐色または灰褐色で、平滑。

葉は、互生し、枝端に群生する。狭長楕円形、革質、全縁で、葉上面は、深緑色で光沢があり、 下面は灰白色で主脈が太く隆起する。

5ー6月、前年枝の葉腋に総状花序をなして開花する。雌雄異株。

11月、石果は黒紫に熟し、楕円形。

暖帯から亜熱帯の沿岸地に多く、トベラ、タイミンタチバナなどと混生する。

材は、器具材、くり物材として使われる。 庭園や防潮林に植えられる。また、枝葉を正月の飾りにする。

分布 本州(茨城以南)、四国、九州、琉球


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ