ヒカゲツツジ

Rhododendron Keiskei


常緑低木。枝は灰褐色または灰白色、樹皮は、薄片となり剥げ落ちる。

葉は、互生、枝先に個輪生状に着く。やや革質で、ほぼ全縁、葉上面の基部に微毛を生ずる。 下面は、淡緑色で腺状鱗片が残存する。

4〜5月、2から6個の淡黄緑色の花をつける。

さく果は、10月に熟し、円柱形。

温帯から暖帯に分布、山地の尾根筋や崖地生ずる。

分布 本州(関東以西)、四国、九州、屋久島


広葉樹Wへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ