ヒトツバカエデ

Acer distylum


落葉中高木。樹皮は、帯黒灰色。

葉の形からマルバカエデとも呼ばれる。

葉は、十字対生、葉柄の基部はふくらんで茎を包む。

葉脈は、葉の表面は凹み、裏は突出する。 温帯山地に生ずる一見、特異なカエデ属である。

材は、器具などに使われる。庭園樹としてもおもしろい。

分布 本州(岩手から和歌山まで)


広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ