ヒサカキ

Eurya japonica


常緑小高木。樹皮は、灰褐色で小じわが多い。

葉は、互生し、薄革質で鈍鋸歯を有す。

葉の上面は、濃い緑色で光沢がある。下面は、淡い緑色。

葉柄は、2〜5mmと短い。時に帯紅紫色で、上面には、溝を有す。

3〜4月、旧枝の葉腋に1〜5個の淡黄緑色の花を咲かす。

暖帯に広く分布し、常緑照葉樹林の下木として代表的。

材は、器具材、薪炭材などとする。枝葉は、神前に供え、庭木、生け垣としても植えられる。

分布 本州(岩手以南)、四国、九州、琉球、台湾、朝鮮、中国



広葉樹Vへ戻る

樹木目次へ

和名検索へ

学名検索へ